恋愛心理

当たり前ですが、恋愛はひとりでするものではありません。
せっかくお付き合いすることになってもなぜかいつもフラれる。
マザコン・二股・オタク…元彼はダメンズばかり。

あなたはそれを相手のせいにしてませんか?
気持ちを切り替えて新しい恋愛へと目を向けるのも大切ですが、今一度自分の心と向きあってみてください。

そんなアナタの為に簡単に出来る心理テストをご用意しました。
今まで気付かなかった自分の深層心理や、相手の無意識に発しているアナタへのメッセージを見定めてください。

心理テスト

心理テストとは?

市井の人々が日常生活の中で自分や他人の心や行動を理解・説明する際に援用する知識や理論のこと。

テストの種類

  1. フローチャートを用いて性格類型を決めるもの
  2. 何らかのストーリーや状況設定を提示し、それに対する回答によって「あなたの深層心理」を指摘するもの
  3. 他人のなにげない言動やそぶりから心を見抜く方法を伝授するマニュアル型のもの
  4. 選択肢式質問を列挙し各選択肢により決まる点数の合計を根拠に分類するもの。

深層心理とは?

無意識に想定される構造や心的過程によって、人間の行動や経験の意味を解釈し、解明しようとする様々な理論の総称である。

深層心理学の基本的な理論構想は、人間の心(魂)には意識の下層において、更に深い層が存在し、無意識的なプロセスがこれらの層にあって進行しており、日常生活の心理に対し大きな影響を及ぼしていると云うものである。

深層心理学に関するこのような考えは、哲学の分野ではショーペンハウアーやニーチェなどの先駆者によって、またロマン主義の文学などで構想されていた。同時代においても、ウィリアム・ジェイムズやピエール・ジャネなどが概念を吟味しており、スイスのカール・ユングもまた独自に理論を模索していた。

フロイトの理論

これらのなかで、ウィーンのジークムント・フロイトがこの仮説を、初めて系統的・学問的な方法で研究し、「無意識の発見」とも呼ばれるその理論形成において、人間の日常生活における心の働きのありようについて、広範囲な影響力を有した帰結を導き出した。

心のダイナミクス

深層心理学の諸流派は、無意識の「深層」において進行している、心的な欲求(Trieb)の調整と葛藤への対処過程が、意識的な日常経験や行動の基礎に存在するという見解を表明している。心的なプロセスは本質的には、欲求または他の動機となる過程を基礎に置く、心的エネルギーの力動(Spiel)と理解される。すなわち、ここで「心のダイナミクス(動力学)」が想定される。

このプロセスは、人間の日常的な心的生活に特定のエネルギーを供給する。フロイトは性的欲求を非常に重視し、プロセスに付随する欲動エネルギーをリビドー(Libido)と呼んだ。ユングとアドラーは、性的な欲求力動を重視するフロイトの主張を承認しなかった。アドラーはフロイトの主張に抗し、権力への野心が心の原動力の中心に位置するとした。ユングは心的エネルギーに特定性はなく、欲求エネルギーの普遍性を提唱した。

△このページのトップヘ